ゼロから始める!仮想通貨投資情報局

仮想通貨の基礎知識・最新情報発信中

仮想通貨の最大の特徴であるブロックチェーンの仕組みとは

calendar

reload

仮想通貨の最大の特徴であるブロックチェーンの仕組みとは

ほとんどの仮想通貨はブロックチェーンと呼ばれる技術を使って、
取引記録を正確に記録しています。

この記事では
ブロックチェーンの記録作業はどのように行われるのか?
また、それを支える「マイニング」とは何か?について
わかりやすく説明していきます。

ブロックチェーン技術の基礎の基礎

「ブロックチェーン」の働きとは、仮想通貨の取引記録をすべて管理することです。

一定期間内の取引記録は、ひとつの「ブロック」、すなわち台帳を形成します。

これらのブロックが「チェーン(鎖)」のようにつながっているため、
「ブロックチェーン」という名称があります。

ブロックチェーンを使うことで、同じ仮想通貨同士の送金は
全ての取引が全てのユーザーに対して公開されます。

インターネットで繋がっている全員が常に同じ台帳を参照できるのです。

運営母体のない仮想通貨を支えるブロックチェーン

ご存知のようにビットコインをはじめとする仮想通貨は、銀行のような中央機関を持ちません。

しかし、ブロックチェーン技術が存在するため、
仮想通貨の取引記録はまとめられ、正確な記録が付けられます。

例えば、私があなたにビットコインを送金したとしましょう。

すると、送金後には私とあなたの台帳が変更されるだけでなく
全世界のビットコインユーザーにも
私の口座が減ってあなたの口座が増えたことが公開されます。

ちなみに、ビットコインは比較的匿名性の高い設計になっていますので、
取引の内容自体は公開されますが、個人を特定することは難しい仕様になっています。

仮想通貨の盗難を防ぐ重要な仕組み

さて、ちょっと聞いただけでも
とんでもない量の情報がやり取りされると感じますよね。

ここではlineやSkypeなどの無料通信で使われているP2P技術が採用されることで、
高速でコストの安い情報伝達が可能となっています。

こういったシステムによって仮想通貨ごとに作られている台帳は
複数のコンピュータで管理されています。

そして、取引に間違いが生じたり
悪人が通貨を盗んだりすることを防いでいるわけです。

縦一列に繋がっていくおもちゃのブロックを思い浮かべてください。

全員が同じ組み合わせのブロックの塊を持っていて、
誰か一人が正しい方法で新しい色のブロックを積み重ねると
全員のブロックの塊がそれに合わせて同じものに変わっていきます。

この正しい方法で最初にブロックを積み重ねる作業のことを
マイニング(採掘)と言いますが、次の項で詳しく説明していきたいと思います。

仮想通貨におけるマイニング(採掘)とは?

仮想通貨のシステム上では常に新しい取引が行われるた度に、
その取引(トランザクション)が正当なものであるかどうかの確認作業が行われています。

トランザクションの正当性の判定には
強力なコンピューターとそれを稼働させる電力が必要になりますので
この作業に協力したユーザーに対しては報酬が支払われます。

これが「マイニング(採掘)」です。

マイニングを行うユーザーのことを「マイナー(採掘者)」と呼びます。

実際には各仮想通貨によってマイニングの方法は多少違ったり
そもそもマイニング自体が無い通貨もあります。

ここでは、市場参加者に一番注目されている
ビットコインを例に挙げて説明していきましょう。

ビットコインにおけるマイニングの仕組み

仮想通貨では、かなり高い頻度で取引の正当性がチェックされています。

正確に言えば取引が行われたことによって、
以前のブロックから新しく作られたブロックチェーンが
正しいものであるかどうかの判定がなされます。

そしてビットコインの場合には取引が行われ
それが正しいものであるか否か判定されるまでに約10分を要します。

この計算に対しては世界中のユーザーの誰でもが参加することができます。

そして、一番先に正解にたどり着いた参加者には
報酬としてビットコインが支払われます。

尚、どの回答が正解かを判別するには
マイニングに参加した者の中での全ての答えと照合されて、
多数決で正解が確定されます。

マイニングと仮想通貨の送金手順

ビットコインの送金手順を整理すると以下のようになります。

 

第1段階、ユーザーの誰かがネットワークに対して任意の額の送金の依頼をする。
第2段階、マイニングをするコンピューター群がその取引が正当性のあるものであるかどうか判定する。
第3段階、正当性があると認められると実際に通貨が相手に送金される。
第4段階、一番先に正しい判定を下したユーザーに報酬が払われる。

 

現時点で知識や設備を持たない個人がマイニングに参加するのは、
不可能ではなくとも、かなり難易度は高いかもしれません。

しかし、組織に組み込まれてマシンパワーや資金を提供して配当を受ける
「クラウドマイニング」という投資手法もあります。

興味のある方は調べてみると良いかもしれませんね。

ブロックチェーンの歴史と謎の創始者サトシ・ナカモト

最後に、このブロックチェーンを開発した
サトシ・ナカモトという人物についてお話ししておきます。

2009年にブロックチェーン技術を本格的に組み込んだ
最初の仮想通貨ビットコインが発表されました。

しかし、その最重要メンバーと言われるサトシ・ナカモト氏は
公の場所に一切姿を見せていません。

「サトシ・ナカモト」という名前から、
日本人もしくは日系人と推測されていますが・・・

実際の国籍はおろか、
実在しているかどうかさえ疑われる謎の人物です。

ナカモト氏は、ブロックチェーン技術開発後、
全てのプロジェクトを開発チームのメンバーに引き渡し
消息を絶ちました。

彼自身はもう二度と大勢の前に姿を現すことはないかもしれませんが
彼が残したビットコインに関する論文と、
開発直後からの数百にわたる技術的なコメントは
今も世界中のプログラミング技術者によって研究されています。

皮肉なことにナカモト氏の人物像を一番強烈に印象付けているのは
消えてしまった本人ではなく、
2018年現在で仮想通貨資産高2番手のイーサリアムの開発者
ヴィタリック・ブテリン氏です。

ブテリン氏(2018年現在24歳)は、17歳の頃にビットコインに出会います。

そして、
取り憑かれたようにビットコインとブロックチェーンの研究に取り組み
19歳の時に仮想通貨イーサリアムを開発発表しています。

そのブテリン氏は、
日本メディアの取材に対して
「ナカモト氏を神のように崇拝している」と明言しています。

われわれ一般投資家が技術の細部について立ち入る必要はありませんが、
最初にナカモト氏が作り上げたブロックチェーン技術は、
ナンバー2の天才ブテリン少年が崇拝するほどに完成度の高い物であった
ということは前提として知っておくべきでしょう。

まとめ

ブロックチェーン技術は言うまでもなく仮想通貨の流通力の核になる部分です。

送金スピードが速くて安全性が高ければ
ユーザーに高い評価を受けて皆に使われるようになり、
結果的に投資目的の相場でも価格が上昇していきます。

2018年以降の仮想通貨相場はギャンブル投機相場から少しずつ離れ、
各通貨に使われているブロックチェーン技術に
スポットライトが当たることになるでしょう。

というのも、時が経つにつれて仮想通貨を実際に使う人が増えて、
使い勝手の良し悪しで仮想通貨の実力を正確に判断する人が増えてくるからです。

目先の値動きに惑わされることなく
機能性に力のある仮想通貨を選び取れるように、
ブロックチェーンの技術革新に対しては常に敏感でいたいですね。