ゼロから始める!仮想通貨投資情報局

仮想通貨の基礎知識・最新情報発信中

2018年現在から今後の仮想通貨相場の展開を予想してみる

calendar

reload

2018年現在から今後の仮想通貨相場の展開を予想してみる

2017年まで多少の波はあったものの
ほぼ一本調子で高騰を続けてきた仮想通貨相場。

しかし、2018年1月、日本中を震撼させる事件が起きました

大手の取引所であるCoincheckから
数百億円単位のネムが盗み出され
顧客の口座が凍結されてしまったのです。

2月には顧客の財産400億円に対する払い戻しが
実行され事態は収拾に向かっていますが・・・

このような混乱と暴落の中で仮想通貨のマーケットは
今後どのような方向に動いて行くのでしょうか?

これから相場は下がり続けるのか、それとも?!

今回の記事では、今年の仮想通貨相場の展開を
大胆に予想してみたいと思います。

本来はセキュリティの高い財産であるはずの仮想通貨

 

2018年1月に取引所から大量に盗み出されてしまったネムも含めて、
仮想通貨自体は非常にセキュリティの高い防犯システムを備えています

ネムは、セキュリティとコストパフォーマンスの良さから
「ビットコイン2.0(次世代型ビットコイン)」と称されてきたくらいです。

盗み出された事業者には気の毒ですが
今回のネムの盗難事件は100%人災と言っていいでしょう。

まず、500億円相当のネムを丸ごとホットウォレット
(インターネット上でアクセス可能な保管場所)に保管していた上に、
複数の人や場所で分割管理できるはずの暗号鍵(仮想通貨を引き出すパスワード)を
1ヶ所で管理していたという驚きの杜撰さです。

例えて言うならば、
数え切れないほどの札束を戦車並に頑丈な金庫に入れてあるのに、
なぜか鍵だけは小さい南京錠一個、という状態を
イメージしてもらえれば良いかと思います。

これは仮想通貨取引業界が
とてつもないスピードで成長してしまった弊害と言えます。

専門性の高いセキュリティ担当者の採用や教育が
間に合わなかったことが原因でしょう。

もちろん事業者によっては
取引に必要な分以外の仮想通貨をコールドウォレット
(ネット上でアクセスできないため内部の人間しか触れない保管場所)に保管し
暗号鍵も複数の担当者で分割して管理しているため
盗み出すことは不可能という体制を敷いているところもあります。

今後はこういった盗難不可能なレベルのセキュリティが
標準になっていくでしょうから、
ほとんどの仮想通貨において
取引所での大量盗難の心配は低いと考えて良いと思います。

また、取引をする側としては
仮想通貨の事業者を選ぶ時に最低限
「コールドウォレットの活用」だけは必ずチェックしてから
取引に望むようにしたいものですね。

なぜ仮想通貨は高騰したのか?そしてこれからは上がる?下がる?

 

仮想通貨というビジネスについて考えてみるとき、
いつも思い出すのは空を飛んでいる飛行機の存在です。

この両者には似たところがあります。

ですので、
先行して社会に大革新を起こした飛行機の歴史を振り返ってみることで
仮想通貨の今後を予想してみたいと思います。

20世紀が始まったばかりの頃
ライト兄弟が初めて飛行機で空を飛んでから100年以上が経ちます。

最初は壊れそうなプロペラでヒョロヒョロと飛んでいた飛行機も
今では大きな鉄の塊になって何百人もの人をいっぺんに運んでいます。

飛行機がそれまでの人間の移動技術と決定的に違うところは、
不可能だと思われていた空を飛んでしまったことです。

そして仮想通貨も飛行機と同じ特異性があって、
「権力の基盤のない通貨など存在しないという」
常識を覆しました。

 

飛行機は空を飛ぶことによって地面との摩擦をなくし
桁外れの速度を持つことができましたし、
仮想通貨は政府の保障を必要としないことで
発行コストと送金コストが劇的に下がりました。

 

仮想通貨の場合は、飛行機で言えば
一部の人がプロペラ機に恐る恐る乗るようになったばかり
という段階でしょうか。

ほとんどの人にとって、仮想通貨というのは特別な場合にだけ使うもの。

あるいは、「マルチ商法やネズミ講」と同じ枠で
認識してる方もいるかもしれませんね。

 

2017年の後半から仮想通貨バブルという言葉が聞かれるようになりましたが、
これは半分正しく、半分間違っています。

実際には、「仮想通貨”投機”バブル」というのが正確な認識でしょう。

とはいえ、実情を言えば
バブルどころか仮想通貨はまだ成長期にすら入っていません。

 

ギャンブル的な投資熱は冷めたとしても、
小売店への導入や企業の資金調達に使われるなど需要は年々増えていきますから、
投資対象として本格的に成長していくのはこれからです

 

2018年からの仮想通貨の投資は、
機能性や開発者の戦略の中身をよく見て判断する必要があります。

 

とにかく飛べばいいというプロペラ機の時代は終わって、
設計に正確性や燃費の良さが求められるジェット機の時代に入ります。

プロペラ機の時代にはネタ好きな人や
いわゆる意識高い系の人がユーザーの多数派でしたが、
ジェット機の時代に入ると普通の人達が日常的に使うようになります。

 

今までは激しい上下動を繰り返しながら
何百倍何万倍という現実離れした高騰をしてきた仮想通貨相場。

 

今後は、流通量が増えるにつれて
年率で数倍か最大でも数十倍程度の
安定成長期に入ると思われます。

 

そしてこの成長は、
仮想通貨が世界中に行き渡り
必要な流通量が飽和点に達するまで続くでしょう。

 

それまでは、
送金スピード、セキュリティなどの機能性のしっかりした仮想通貨は広まりながら
ジワジワと値を上げ続けるでしょうから
投資対象としての将来性はかなり明るいと言えるでしょう。

まとめ

2018年初頭に大暴落を経験した仮想通貨相場は
大きな曲がり角を迎えました。

 

非常に高度な技術の結晶体である仮想通貨に対して、
中身が入念に確認されることもなく大量の投機マネーが入ったことによって
仮想通貨への投機バブルが起きてしまいました。

 

そして先頭を走っていたビットコインは65%下落という裁きを受けました。

 

今後は2018年内にも大手金融機関の特定仮想通貨との提携や、
仮想通貨を使った企業の資金調達(ICO)。

さらには円と同価値を維持すること(ペッグ制)を目的とするZENの流通など
仮想通貨相場の安定成長要因が多く控えています。

 

上述したように市場が安定すればするほど
仮想通貨投資の勝敗を分けるのは、正しい計測となります。

つまり、各通貨の機能性や運営者のマーケティング力をチェックし
市場に受け入れられるかどうかを測ることです。

 

2018年後半以降しばらくの間は、
よく調べた者が高い確率で利益を重ねることができるという
一般の少額投資者にも乗り切りやすい相場が続くのではないかと期待しています。