ゼロから始める!仮想通貨投資情報局

仮想通貨の基礎知識・最新情報発信中

仮想通貨セントラリティ(centrality)とは?将来性と購入方法

calendar

「これから伸びるのでは?」「爆上げする?」という評価や噂がネットでささやかれている新しい仮想通貨セントラリティ(centrality)。気になっている方も多いのではないでしょうか。

セントラリティ(centrality)とはどのような通貨なのか?また投資対象としての将来性や購入できる取引所などについて詳しく見ていきます。

仮想通貨セントラリティ(centrality)とは何か?

セントラリティ(centrality)
開始日:2018年1月15日
通貨単位:CENNZ
公式サイト:https://www.centrality.ai/

「主流化(centrality)」を意味する仮想通貨セントラリティは、2018年に入ってから公開されたばかりの新しい仮想通貨です。

セントラリティは、仮想通貨の中でもビットコインのような買い物だけに用いる目的で作られたものではありません。

そうではなく、イーサリアムのように通貨以外の用途を持つような存在です。

セントラリティの持つ通貨以外の用途とは、アプリケーションを開発し、動かすことができるプラットフォームとして働くというものです。

セントラリティにはアプリの開発に必要な設計図や基盤などがすでに用意されており、利用者はそれを使うことで自分が欲しいアプリケーションを簡単に作ることができます。

また、完成したそれをセントラリティのプラットフォーム上で簡単に動作させることも可能です。

仮想通貨ながら通貨以外の面で大きな機能を持っているというのが、セントラリティの特徴となっています。

仮想通貨セントラリティの将来性は?

2018年1月、セントラリティが行ったICO(仮想通貨におけるクラウドファンディングのようなもの)は、わずか6分で完売しました。

この大成功には、大きな理由があります。

セントラリティの開発はその時点でほぼ完了しており、既に20以上のアプリケーションを実際に稼働させていたのです。

それだけではなく、ニュージーランド政府からの助成金を得て作られた仮想通貨ということもあり、ニュージーランドにおける18もの企業との提携も開始していました。

誕生したばかりでありながらここまでの実績を持つ仮想通貨というのは非常に珍しい、と言っていいでしょう。

また既に多数の提携企業を確保しているということもあって、セントラリティの将来は大いに期待できるものとなっています。

仮想通貨セントラリティの購入方法は?扱っている取引所

セントラリティは、2018年2月26日に「singularX」という取引所に上場、取引が開始されました。

singularXは「分散型」と呼ばれる取引所です。

コインチェック、ビットフライヤーといった通常の仮想通貨取引所とは少々利用方法が異なります。

分散型の特徴は、中央集権型ではなく、ネットワークに管理されている点でしょう。アカウントの作成さえ行えば、本人確認の作業などが無くても誰でも利用することが可能です。

ただしsingularXで取引をするためには、他のウォレットからのイーサリアムの送金が必須となります。これを行うために日本の仮想通貨取引所などに登録する必要が出てくるかもしれません。

自分の持つウォレットからイーサリアムをsingularXの自分のアカウントへ送れば、あとはそこで並んでいるセントラリティの売り注文を選んで量を指定し購入するだけです。買ったセントラリティを売るといった取引も、ここで行えます。