ゼロから始める!仮想通貨投資情報局

仮想通貨の基礎知識・最新情報発信中

ビットコイン(Bitcoin)とは?投資対象としての将来性、特徴を探る

calendar

reload

ビットコイン(Bitcoin)とは?投資対象としての将来性、特徴を探る

 

2018年以降、テレビや新聞などの報道でも毎日のように色々な種類の仮想通貨のことが話題に上るようになりました。

その中でもトップのシェアを走り続けてきたビットコインについて述べていきたいと思います。

なぜこんなにも人気が高まり爆発的に価値が上昇してきたのか?

これから先のビットコインの相場の行方はどうなるのか?

その秘密を探りたいと思います。

ビットコインとはどんな仮想通貨?使われている技術と発行枚数

ビットコインの開発者、サトシ・ナカモト氏は
名前の特徴から日系人である可能性が高いと思われていますが、
正確には国籍不明の謎の人物です。

ビットコインには世界で初めて本格的に実用化された
ブロックチェーン技術が使われています。

そしてナカモト氏はビットコインの運用プログラムをすべて公開していますので、
誰でも技術さえあればビットコインを改良して
新しい仮想通貨を作ることもできるようになりました。

その結果、世界中に1000種類を超える仮想通貨が登場しました。

ブロックチェーン技術というのは
取引データが集められたデータの塊(ブロック)を
鎖のように縦につなげていく(チェーン)ことで大量のデータを管理します。

新しい取引が行われるごとにブロックチェーンが更新され、
全ての参加者のコンピューター上のブロックチェーンが書き換えられます。

今までの銀行などのシステムでは
この取引データを決められた場所のサーバーで一括して記憶し、
保存と更新を行ってきましたので、非常にたくさんの費用がかかっていました。

これに対してブロックチェーンではP2Pの通信技術を使って、
特定の場所に専用の記憶装置や管理者を置かなくても済むようになりました。

参加者全員のコンピューターとインターネット回線を使って
大量のデータを低コストで安全にやり取りすることができるようになったので、
取引手数料が革命的に下がりました。

この取引手数料を大幅に削減できることと
安全性の高さによってビットコインは注目され、
需要をどんどん増やし市場価格も上がっていったのです。

さて、ビットコイン上の取引データを常に新しいものに更新していくためには、
参加者のコンピューターによる計算の協力が必要です。

協力した者には、取引手数料の他に
新しく発行されたビットコインによる報酬が与えられますが、
これをマイニング(採掘)と呼びます。

ビットコインの新規発行はは無限に行われるわけではなく、
発行枚数はあらかじめ決められていて2100万枚です。

2018年1月現在で1600万枚を超えたことが確認されています。

今から約100年後にマイニングによるビットコインの新規発行は終わります。

与える報酬がなくなってしまうと計算に協力する者がいなくなってしまい
ビットコインのシステムが維持できなくなってしまいますが、
そうはならないように開発者のナカモト氏は対応策をプログラムに組み込んであります。

新しいビットコインが発行できなくなった後は、
取引手数料を段階的に値上げして計算報酬に充てていきます。

システムは今まで通り動いていきますので、
ビットコインの価値は半永久的に続いていくと考えて良さそうです。

ビットコインが流通してきた経過と相場の値動き

ビットコインは2009年から公開され、
それから約1年後の2010年5月22日に初めてリアルな取引で使われました。

ビットコイン1万枚=ピザ2枚

2010年5月22日の初めての取引は
ピザ2枚がビットコイン1万枚というものでした。

たった8年前の出来事ですが
2018年現在のレートならピザ1枚が約50億円という計算になりますので、
ビットコインがいかに短期間に価格を爆発的に上昇させて来たかがわかります。

2011年の急上昇とマウントゴックス事件後の急落

ピザ2枚が1万枚の取引から1年後、
日本では東日本大震災の起きた2011年にビットコインは急上昇し
1枚が30ドルまで高騰しますが、
その後マウントゴックス社のハッキング事件等もあり1/3の価格に急落します。

急上昇を続けた後に暴落し、
さらにそれを上回るような急上昇を続けるという
ビットコインの成長パターンがこの時から始まりました。

2013年キプロスがきっかけとなり1枚100ドルを超える

2013年にヨーロッパの小国キプロスで
自国内の銀行と法定通貨ユーロへの不信から
貯蓄資金が大量にビットコインに流れ込みました。

これにより、ビットコインの相場は1枚100ドルを超えて行きます。

この事件でビットコインが
自由で安全な資産であるという印象が世界中に認識されました。

そして、2013年後半にはそれまでの10倍の1枚1000ドルにまで達しました。

上昇のピークとさらなる暴落

しかし、上昇がピークに達した12月、
突如中国政府から金融機関でのビットコインの取り扱いが禁止されます。

さらに追い打ちをかけるように
2014年の初頭にはビットコイン最大の取引所であるマウントゴックスが
経営悪化により閉鎖されたため、価格は1/5に暴落しました。

2017年1BTC=2万ドル近くとネムのハッキング

そして2014年から2017年前半まで3年ほどかけて
ビットコインは着々とユーザー層を広げ、ゆっくりと成長を続けます。

2017年後半に1枚2万ドル近くまでに達しましたが、
日本の取引所コインチェックからハッキング盗難によりネム580億円が流出するという事件を受けて、
2018年2月現在は最高値の半分の1万ドル前後で推移しています。

ほんの9年の歴史しかないビットコインですが、
成長と暴落のパターンはかなりハッキリしていますね。

ビットコインに関しては悪い材料になるような事件が何も起きていない間は、
常に順調に成長すると考えていても良さそうです。

ビットコインを購入する方法・売買のできる取引所と販売所

ビットコインの場合は一番初めに取引されるようになった仮想通貨なので全ての取引所・販売所で取り扱っています。

ビットコインを日本円で売買することも出来ますし、ビットコインの場合は他の仮想通貨の価値をはかるベースにもなっています。

例えばビットバンクやDMMビットコインなどではイーサリアム対ビットコインの取り扱いも行っています。

全ての事業所で取り扱っているということはそれだけ条件の選択肢も多いということですから、なるべく複数の事業者と契約して有利なレートや手数料で取引できるようにチェックをしていきたいものですね。

ビットコイン投資の将来性

経過と値動きの項で述べたようにビットコインは今までの9年の歴史の中、安定してなだらかな成長の後に急上昇をして、その後は急落するという事を繰り返してきました。

悪いことが何も起きずに流通量が増えていくと価格はジワジワと上昇します。

次に、成長力の良さにマスコミなどが注目したり、新しいサービスが始まったりすると加熱してバブルのような急騰が始まります。

最後には、ハッキングによる盗難事件や各国政府の規制などにより冷水を浴びせかけられたように頂点の半分以下の値段まで短期間で暴落し、落ち切ったところから再び安定的な成長を始めます。

2018年2月現在ではビットコインの相場はこのパターン通りだと値下がりの途中経過にあるようです。

ビットコインは仮想通貨全体の中で50%に近い時価総額を誇っていて、実際のお店などで使用できる通用度も断トツに他の仮想通貨を引き離しています。

皆に、財産としての価値が一番高くて、使える場所も一番多いと思われているのです。

この時価総額と通用度に陰りが見えてきたら考え直す必要がありますが、今まで通りにシェア1位であればやはり投資の期待度も一番でしょう。

まとめ

ビットコインは3つの意味で仮想通貨の中の王様です。

1つ目は、ほとんど全ての仮想通貨のベースになる仕組みが最初に組み込まれ誕生したことです。

2つ目は、世界中のたくさんのお店やATMで使えることです。

3つ目は、1枚あたりに一番高い値段がつけられていることです。

 

この3つが揃っている間は
ビットコインの地位は揺るがないでしょう。

最高の血筋に生まれ国民全員から愛されて最も高貴だと思われている王様、
それがビットコインです。

仮想通貨への投資を考えている方は
まず最初にビットコインについて良く理解することが大事だと思います。